生薬の話

蒼朮と白朮の違い

jutu

こんにちわ、りんりんです。
世の中には名前が似ていても実は全然効果が違うもの。
名前が似ていて、効果も似ているものなど色々とあります。

前者の場合はもし混同していたら非常に危険です。
後者の場合はそこまでリスクはありません。

この記事では似ている2つの「朮」に焦点を当てて、違いを解説していきます。

蒼朮と白朮の比較表

hikaku2

効果によるもの・生薬の元となる植物の名前を比較していきます。

効能別の比較

白朮蒼朮
・苦・温・苦・温
薬能健脾・燥湿・益気・止汗健脾・燥湿・去風・発汗
効用痰飲水腫・消化不良・食欲不振痰飲水腫・消化不良・食欲不振
脾虚・自汗・慢性腹痛胃腹張満・寒湿吐寫・湿疹
特徴消化器系に強い利水作用が強い
比較表

植物名の違い

蒼朮
ホソバオケラ、シナオケラの根茎

白朮
オケラ、オオバナオケラの根茎

鑑別

形態学的の鑑別

TLCによる特徴的な検出
・蒼朮:アトラクチロジン
・白朮:アトラクチロン

どっちを使うか

比較

漢方の元となる神農本草経では単に「朮」としか書いていません。
なのでどちらか区別はしていなかったようです。
しかし現代ではしっかり区別ができていますし、前項比較表のとおりに効果の違いが厳密にはあります。

蒼朮と白朮の違いについて記事になっているのでこちらも読んで見てください。

漢方の公然の秘密

ちなみに某T社は原則蒼朮を使っています。

朮を含む漢方

漢方イラスト

朮を含む漢方ですが。
結構あります。
そのためメーカーによっても区別はバラバラです。
ここではメーカーによって違う朮を使っているものを紹介していきます。

補中益気湯

https://phrinrin.com/hozai-comparison/

有名な補気剤の1つです。
ツムラでは蒼朮を使用していますがクラシエでは白朮を使用しています
補中益気湯の目的は虚弱に対する気の補充です。
白朮の方が益気能があるため、細かいところを言えば白朮のほうが適していると考えます。

当帰芍薬散

https://phrinrin.com/t-023-gynecology-ace/

婦人科疾患と言ったら当帰芍薬散が第一に浮かびます。
これもツムラでは蒼朮が使われていますが、クラシエでは白朮が使われています
婦人科の冷え性には血虚や水滞が原因となることがあります。
そういった意味では利水作用が強い蒼朮のほうが適していると考えても良いのではないでしょうか。

二朮湯

https://phrinrin.com/only1kampo/

おまけです。
二朮湯は蒼朮と白朮を含んだ漢方になります。
この漢方の存在意義は何でしょうか。
もし蒼朮と白朮が同じと捉えられてしまったら、この二朮湯は?
蒼朮湯か白朮湯になってしまいます。

2つの朮がそれぞれ違う効果を持つからこそ、漢方として効果を発揮する二朮湯だと考えます。

まとめ

まとめ

蒼朮と白朮の違いについて解説してみました。
効能別の比較表を見れば一目瞭然。
共通項もありますが、朮の違いは確実にあります。

漢方の使用目的によって適した朮があることを覚えておきましょう。
ではでは~。