その他への漢方

漢方の煎じ薬とエキス製剤の違い

hikaku

こんにちわ、お酒を飲むとすぐ寝ちゃうりんりんです。
この記事では漢方の飲み方について考えてみます。
現代のように製剤技術がまだなかったころ、漢方は数種類の生薬を砕いたりして一つにまとめ、
お湯などに成分を煮出して飲んでいました。
ですが、現在そのような飲み方は忙しいライフスタイルを送る現代人には確実に合わないことが
わかります。。
古来の飲み方と現代の顆粒や錠剤に製剤化された飲み方で違いはあるのでしょうか。
ちょっと考えてみましょう。

漢方を煎じるべきか迷っている人へ。

薬膳

時間が許すようなら煎じた方が良いです
理由は後述します。

そもそも、煎じるとは。

よく「あいつの爪の垢を煎じて飲ませたいよ」とかって聞きませんか?
よく言われてたら、どんだけポンコツなんだよって感じもしますが・・・
大事なのはこの「煎じて飲ます」ってところです。
有効成分をお湯などで煮出して、それを飲むということ。
昔は生薬がひとまとめにパックされていて、それをお家で煮出して飲んでいたことになりますね。

煎じて飲むうえでのメリットデメリット

メリット

・生薬の量を個人ごとに加減ができる→オーダーメイド
・有効成分を生薬から余すことなく抽出できる。

デメリット

面倒
・一度に大量生産できない。

つまり飲み方はその人のライフスタイルに合ったものを選択すべきなのです

エキス製剤とは

kanpo

製薬メーカーが出している医療用医薬品はエキス製剤が多数を占めます。
生薬の抽出液やその濃縮エキスを顆粒や錠剤にしたものをエキス製剤といいます。
同濃度の濃縮エキスを一度に大量に生成するため、工場で一気に作ることができますね。
メリット
飲みやすい
・大量生産できる
デメリット
・生薬の追加をするには別途単品で処方しなければいけない
製造過程で有効成分が揮発している可能性がある→効き目が悪い!?

エキス製剤の効果は煎じ薬に劣る?

エキス製剤のデメリットで少し不穏な空気を感じましたか?
あれもしかして普段飲んでいる医療用の漢方って実は効き目弱いんじゃないのって。
一般的に考えると煎じ薬のほうが生薬をそのまま全て使う直前に煮出すため、効きそうな気がします。
かと言って、エキス製剤VS煎じ薬 ガチンコ勝負の臨床試験は存在しません。
というか物理的に試験ができないのです。
理由としては
①剤形が違いすぎて盲検(どっちがエキス剤・煎じ薬という判別が被験者にできてしまう)できない。
②製薬メーカーが使用している同じ品質の生薬を手に入れなければいけない。
③大規模な生薬と家庭用の少量の生薬からの抽出率は異なる。
④メーカーごとに漢方製剤の構成や添加物など変わるため全ての同じ漢方製剤を同列で試験できない。

上記のような理由が挙げられます。
つまりどっちが効くかわからんのです・・・
飲み方云々よりはいかに飲み忘れをなくすかの方が大事な気がします。汗

まとめ

まとめ

・煎じ薬とエキス製剤の優劣はつけられない。
・メリットデメリットを覚えて使い分けするのが良い。

昔、薬局の実習先で葛根湯の煎じ薬を飲みましたが、飲んだ瞬間に汗が滝のように出ました。
葛根湯のエキス製剤はよく飲みますが、飲んだ瞬間に汗は出たことないので自分でもビックリしたのを覚えています。でもよく考えたら生薬の量や抽出量が普段飲んでいるエキス剤とは異なっていたかもしれませんね。

ではではこのへんで~。