おなかへの漢方

【副作用】漢方飲んだら下痢になった!

下痢

こんにちわ、お通じはいつも緩めのりんりんです。近年、過敏性腸症候群という病気がクローズアップされるようになりました。ストレス社会の中で必死に仕事や勉強に励むのはなかなか大変なものです。
なーんていうと「このゆとりめが!」と叱咤激励が飛んできそうなのでこの辺で。
この記事では、漢方でお腹の調子を整えようと思ったら、不幸なことに下痢が起こってしまった場合の原因とその対処方法について考えてみます!

まず下痢の理由は!?

漢方自体の副作用<大黄は下痢を引き起こしやすい>

漢方に構成されている生薬の中には結構強く下痢を催す作用のある生薬があります。
その代表格が大黄。
通常の投与量であれば下痢は起こしにくいと思われがちだけど、実は少量でも下痢することがあります。
特に消化機能や体力が低下した高齢者には注意が必要です。
お通じを良くする漢方(大黄甘草湯や潤腸湯)、痔疾患に使う(乙字湯)、肥満に用いる(防風通聖散)など
そのほか大柴胡湯、大承気湯、桃核承気湯などなど
主におなかに関連するような漢方に入っていることが多いです。
下剤として使った漢方が強く効きすぎた場合は減量して調節してみましょう。

漢方の使い始め

漢方薬の中に含まれる有効成分は配糖体という糖が結合された化合物として存在することが多いのです。
この糖が付いていると成分の水溶性が高まり消化管の細胞膜になかなか取り込んでもらえません。細胞膜の表面は脂性のため、水と脂は相反する!
そこで吸収する上で活躍するすのがお腹の腸内細菌。
この腸内細菌は最初慣れない配糖体がいっぱい来ることで能力を発揮できず水に流してしまうことがあります。
これが漢方を飲み始めたころに起きる軟便や軽い下痢。
なので強い下痢でなければ、そのまましばらくは様子見で良いでしょう。
しかし下痢が続くようであれば漢方の中止変更を検討するべきです。

また、漢方には個人差があります。その個人差も腸内細菌の働きっぷりが個人個人で変わってくるからと言われえています。

病態の進行

下痢を催すような病気が進行している場合。
冒頭にも出てきた過敏性大腸炎が悪化していたり、感染性の腸炎が急激に増悪したときなど。
急性期の治療には漢方はあまり向かないので即効性の点滴や西洋薬で対処することになります。

対処方法は

漢方が原因なら

中止するか減量するか。はたまた薬剤師などに相談して処方の変更を検討。
大黄が含まれていない下剤漢方もあります。
桂枝加芍薬湯、芍薬甘草湯には大黄が含まれておらず芍薬が下剤の役割を果たしてくれます。
大建中湯は山椒が下剤の役割を果たします。

まとめ

・大黄が下痢には関与
・便秘への漢方には大黄が含まれるので量を調節する必要もある。
・漢方の使い始めは配糖体により軟便になることもある。
・大黄が含まれていない下剤漢方もある。

副作用が少ないと言われている漢方ですが、全くないわけではないのでご用心。
でも使いやすくてセルフメディケーションにはうってつけと筆者は思ってます。
ではでは~~。