漢方のQ&A

漢方のジェネリック(後発品)について考えてみた。

kouhatu

こんにちわ!一包化の錠剤出しで血豆ができましたりんりんです。

本日の記事でございますが、漢方のジェネリックという表題を付けてみました。
世の中の薬には先発品とジェネリック(後発品)がありますよね!
処方せんで貰える西洋薬も最近ではほとんどがジェネリックに変わってます。
りんりんが薬剤師になったころはジェネリックはそこそこ浸透していた時代なので、
薬の商品名も一般名もどちらも覚えなくてはいけなくて大変でした・・・
例:デパス(商品名)= エチゾラム(一般名)

ここまでで、ひとつ疑問に思った読者の方はいらっしゃいますか?

漢方にジェネリックは存在しない!

Yes!漢方でジェネリックってないんじゃね?
漢方こそ、長期かつ継続的に飲むお薬なのにジェネリックで少しでも安くなったら、
経済的負担も少なくて済みますよね。
でも薬局行っても漢方はジェネリックにならないしな~。
メーカーからもジェネリックは実際のところ販売されていません。
というか世の中に漢方のジェネリックはないのです!!

漢方にジェネリックがない理由

まず西洋薬と漢方薬の違いを考えてみましょう。
西洋薬は単一の成分が基本となり、それに添加剤(錠剤を形成する成分やお腹で溶けやすくする成分)が加わっています。なので西洋薬の有効成分は原則1つ!配合剤は除いて。
逆に漢方薬は複数の生薬で構成された薬になります。また生薬の中にはさらに有効成分が多数入っているので、西洋薬で言う有効成分がごっちゃ混ぜになっている状態です。

この有効成分がジェネリックでは重要になります。
いくらジェネリックでも有効成分が異なれば、それは先発品とは違う効果の薬になっていしまいます。
人体にその成分が先発品と同じ働きをしてくれるか?→生物学的同等性と言います。
ジェネリックは生物学的同等性が担保されて初めて認められます!

はて、有効成分がごっちゃになっている漢方は果たしてそれができるか?
無理っす。
さらに生薬自体は天然物なので細かい含有量は個体差が出てしまいます。
有効成分のカオスですよ。
そんなわけでジェネリックは物理的に作りたくても作れないのが現実です。

ジェネリック×、製剤工夫〇!

というわけでジェネリックは出来ません!残念でしたまた来てね~と言われても悲しいので。
製薬メーカーも工夫をしています
ジェネリックって色々な剤形がありますよね。
最近だとOD錠(口腔内崩壊錠)や錠剤→テープ剤への変更などなど。
漢方もこのような製剤工夫はされています。
基本は漢方の飲み方は煎じて飲め!なのですが。
今時、処方せんで貰った薬をわざわざお湯わかして煎じて飲むのは面倒くさすぎて、ほとんどやらないですよね。
大多数の方は、粉の漢方をサーっとお水で飲みます。これエキス剤になります。
煎じ薬を濃縮エキスにして顆粒剤に形成されているのが、一般的に処方せんで貰える漢方。
もちろん錠剤・丸剤タイプの漢方もあります。
煎じ薬を豆からひくコーヒーだとすればエキス剤はインスタントコーヒーと思えばわかりやすそうです。

じゃあ漢方って煎じ薬のほうが加工されてないから効果高いんじゃない?って思った方!
鋭い!!
けど、この記事だとあと倍の文字数を書かなくてはいけなくなるので別記事で 笑

まとめ

まとめ

・西洋薬は単一有効成分
・漢方は有効成分がごっちゃ混ぜ
・漢方にジェネリックはない!
・でも製剤的な飲みやすい工夫はされている!

今日はこの辺でではでは~なり!