のどはなへの漢方

【T-019】小青竜湯(ショウセイリュウトウ)はアレルギー性鼻炎だけでなく、咳にも使える漢方です!

こんにちわ、アレルギー性鼻炎は年中無休で症状が出るりんりんです。
今回の記事は花粉症やアレルギー性鼻炎にお悩みの方への漢方です。

まずは適応です。どんな症状に使えるでしょうか?

<適応>添付文書を少し簡略化しました。

症状

水っぽい痰や鼻水、鼻づまり、くしゃみに。
体力は中等度で寒証の人向け。

具体的な病名

気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒

構成生薬を紐解いてみます。

生薬名読み組成量薬能
半夏ハンゲ6.0 g止咳、去痰
乾姜カンキョウ3.0 g温め
甘草カンゾウ3.0 g緩和
桂皮ケイヒ3.0 g理気、発汗
五味子ゴミシ3.0 g収斂、止咳
細辛サイシン3.0 g温め、発汗
芍薬シャクヤク3.0 g補血、鎮痙
麻黄マオウ3.0 g温め、発汗
ツムラ小青竜湯9.0g中

味やにおいなどといった性状

味:わずかに酸味があって甘い
におい:漢方特有のにおいだが臭くはない・・・と筆者は思う。
添加物:ステアリン酸Mg、乳糖、ショ糖脂肪酸エステル

乾姜と細辛が入っているため、辛さもありそうです。その代わり桂皮と甘草の甘さで緩和しています。
酸味は五味子由来のものになります。五味子は字の通り「甘・酸・辛・苦・鹹」の味がすることから名づけられました。最後に強く感じるのが酸味なのでしょうね。
においは生薬特有のものです。漢方って感じがしますね。
添加物には乳糖が入っているので乳糖不耐症の方は注意です。お子様も注意が必要です。

生薬の薬能

小青竜湯は大きく分けて3つの薬能にカテゴライズできます。
温める作用  :桂皮、乾姜、麻黄、細辛、半夏
・咳を止める作用:麻黄、細辛、半夏五味子
潤す作用   :芍薬、甘草、五味子
生薬は複数の薬能があるので重複しているところがあります。
こうやって見ると鼻炎というよりは咳に効く漢方じゃん!って思いますね。
そうです、実際この漢方は湿潤した咳に用いることができる漢方なのです。
鼻と喉はつながっていますから、もちろん湿潤した咳が出るということは鼻水も出ている証拠なのですが。
<収斂>
五味子のみが持つ薬能が収斂です。
ぱっとみよくわかりませんね。
意味合いは血管や組織を縮めること→収縮作用
鼻づまりの症状は鼻の中の毛細血管が拡張してうっ血している状態になります。
そうなると鼻の中の組織が血管と一緒に膨張して息がしにくくなるんですよ!
これを収斂作用のある五味子が改善してくるわけです!
西洋薬だとナファゾリンが血管収縮作用薬として(点鼻スプレーによく入っています)有名です。
<温め>
温める生薬が5種類も入っています。
顔色が白く、冷えがある人におすすめです。

実際どうやって使うの

アレルギー性鼻炎、鼻づまりに<朝起きたらすぐ飲もう>

花粉症の時期になると透明でサラサラの鼻水がツツーって出てきません?
まさにそれが水様性の鼻水です。小青竜湯が第一選択になります(漢方なら)
おすすめの使い方は
「朝起きたらすぐ朝分を飲む!」
構成生薬である麻黄が即効性を発揮してくれます。寝起き~午前までの息苦しさや鼻水由来の咳を抑えてくれますよ。

気管支喘息

喘息には麻黄が効果的です。麻黄に含まれるエフェドリンが気管支を広げてくれることや気道の過敏症状を抑える作用があります。
ただし証の読み間違えには注意が必要。
赤ら顔で明らかな汗→実証タイプには麻杏甘石湯が適応になります。
また喘息発作や重症の場合は漢方で太刀打ちできません。
点滴・西洋薬の使用、医療機関への受診で適切な対処をしてもらいましょう。

副作用

・偽アルドステロン症:甘草の重複により起こりやすくなります。
・低K血症:これも上記のとおり
こちらの記事に詳細ありますので是非
・ミオパチー
―――――――――――――↑禁 忌↑―――――――――――――――
上記3つのうちどれかをすでに患っている場合は使えません。(禁忌)
小青竜湯は甘草が3.0 g/日 とやや多めに含まれています。ほかの漢方と重複する際は注意が必要です。
・肝機能障害
・間質性肺炎:気管支炎から肺炎へ悪化した場合。

その他

よくある質問を考えてみましょう。

小青竜湯を西洋薬と一緒に飲んでもいいの?アレグラやアレロックとか

問題なし。むしろ併用してください。
西洋薬のピンポイントな作用を漢方が援護射撃してくれます。
ただし、ディレグラという配合剤と併用するときは注意が必要です。
ディレグラはフェキソフェナジン(アレグラ)とエフェドリンの配合剤です。
エフェドリンは小青竜湯に含まれる麻黄の有効成分になるので成分が重複してしまいます。
動悸や発汗が多いなと思ったら薬剤師に相談しましょう。

蛇足ですがこのエフェドリンは覚醒作用があるので眠気が出るような抗アレルギー薬と併用することで眠気を少し抑えてくれますよ!

妊婦や子供には小青竜湯使えるの?

添付文書だけ見ると「有益性が高い場合のみ」投与や「使用経験が少ない」など、つまり使わないでねの方向です。
どの薬でもこの文言はほぼほぼ書いてあるのですが・・・
<妊婦>
妊娠初期(器官形成期)6-11週は漢方薬であっても避けれるのであれば避けること。
子宮収縮などに影響を及ぼす生薬は構成されていないので比較的安全に使えます。
<子供>
麻杏甘石湯同様に、喘息などにも使えます。
ただし体格に応じて量を調節する必要があります。

結論から言えば、妊婦さんも小児さんも小青竜湯は使えます。
ただし自己判断はリスクがあるので薬剤師に相談しましょう。
処方せんからもらうのであれば薬剤師の目が入る(小さい診療所だと入らないので怖い!)ので安心ですね。

まとめ

・小青竜湯は鼻炎と喘息に使える。
・使える人は虚弱タイプの寒がりさんへ。
・五味子と麻黄がいい仕事をしています。
・甘草が多めに入っているので重複には注意を。
・眠くならない、むしろ覚醒する。
・妊婦、小児にも安全に使える。

筆者もアレルギー性鼻炎には悩ませれて今でも小青竜湯を飲んでいます。
証がばれる・・・
名前も控えめに「小」が入っていてお気に入りの漢方です。
読者の皆さんもお気に入りの漢方めっけてくださいね!

ではでは~~~~。