はじめに

漢方を使うには舌を見てみて

zessin

こんにちわ、りんりんです。
この記事では普段あまり見ることのない
「舌」
について書いています。
漢方では舌を見ることで病状を判断する診断方法があります。
もちろん舌だけで確定診断できるわけではないのであしからず。

漢方は患者さんごとに「証」を定めます。

sokuji

その「証」を把握するためには西洋医学と同じ。
診察をする必要があります。具体的には・・・

漢方の基本診断は四診

以下を四診と言います。

  • 望診…顔色や体格や舌の状態を見る
  • 聞診…せきやお腹の音、口臭やおしっこうんこの臭い
  • 問診…質問による診察、既往歴や今ある症状
  • 切診…脈拍、お腹の拍動

望診の中には舌診があります。

舌の状態を見ることを「舌診」といい、自分の状態を客観的に判断できます。
舌を鏡でみればわかるのでとっても簡単!
自分の症状を見るうえで参考にしてみてくださいね。

  • 無苔…普通の状態。舌が湿っていたら陰証、乾いていたら陽証と考えられます。
  • 白苔…牛乳飲んだみたいな状態発熱時に見られる。慢性胃炎でもみられます。
  • 黄苔…カレーを食べたときみたいな状態発熱がさらに進行。舌自体が分厚く黄苔の場合は下剤が適応になることもあり。
  • 黒苔…強めの漢方が適応になることあり。のため、食べ物や薬の副作用を疑う。
  • 暗赤色…瘀血あり、舌下の青い血管に張りがある。

まとめ

まとめ

自分の症状を客観的に知るためにも参考にしてみてくださいね!
ではでは~。