医療全般

欧米で漢方は使えるのか!?

こんにちわ、りんりんです。
この記事では漢方の諸事情について書いていこうと思います。

題して欧米で漢方は使えるのか?

日本では当たり前のように使えていて、町中のドラッグストアでも
当たり前のように購入ができます。
普通の人が、いつでも購入できる漢方ですが、
欧米ではどうでしょうか。見ていきましょう。

欧米で漢方は使えません

薬膳

結論から申し上げると未だ研究開発中です。
日本の漢方トップメーカーであるツムラが主に研究しているようです。

FDAで調べてみた

FDAとはあまり聞き慣れないかもしれません。
Food and Drug Administrationの略で、
アメリカ食品医薬品局と訳します。
日本でいうPMDAのようなところです。
米国で使用できる医薬品の添付文書を検索することができます。

FDAで添付文書を検索

早速検索してみましたが、
大建中湯、TU-100,DKTなどなど
すべてHITしません。
それもそのはず。
まだ米国では上市していないからです。
研究開発中なんですね!

ツムラの開発状況

米国で漢方を使えるように研究開発しているメーカーが、
日本のツムラという製薬メーカーです。
漢方と言ったらツムラでしょう。
日本におけるシェアはナンバー1です。

そんなツムラが一押しで開発しているのが大建中湯です。

t100
【T-100】大建中湯(ダイケンチュウトウ)はおなかを動かすから便秘と術後イレウス予防に!! こんにちわ!3高のメンズは至高と言われた時代がありましたが、高身長だけが取り柄のりんりんです★この記事では医療用漢方の中でも、病院や調...

大建中湯は漢方の中でも、多くのエビデンスを持ち
日本でも人気の漢方です。

そんな大建中湯ですが、2020年度には第Ⅱ相臨床試験を開始しているとのことです。
まだ本格的に処方されるには時間がかかりそうですね。

他外国では?

アジア圏を除く諸外国の医薬品情報を調べてみましたが、
なんとHITせず。
やはり漢方は中国を中心としたアジア圏内だけのようです。

生薬は世界各国にあります

catmanz

漢方の構成元である生薬は世界各国に存在します。
それらは伝統医学に通ずるものがあります。
米国などもカイロプラクティックやインディアン伝統医学はあります。
しかし主流はエビデンスを第一とする西洋医学です。

traditional
伝統医学を簡潔に解説 こんにちわ、りんりんです。この記事では漢方の原点と言える伝統医学をまとめてみます。詳細に書いてしまうと1記事にまとまらなくなるので簡単...